有限会社トライアルコーポレーション ITコンサルタント

インターネットに店を出せば儲かるなんて思っていませんか?

 私が最初にインターネットで出店したのは、2000年の秋です。
 私の会社はメーカーでもなければ卸問屋と関係があるわけでもない、ただの企画会社です。
 そんな私がオンラインショップを開いたのは、当時たまたま社会人学生として在籍していた某大学の研究論文で、楽天市場に出店する顛末を実践研究として発表しようとしたのがきっかけです。
 いろいろな商品を取り扱い、ショップを更新したり、メルマガを配信したりと仕事に追われ、日々の売り上げに一喜一憂してきたこの4年間ですが、今では小さいながら、いくつかのショップを運営するまでになりました。
 現在の私は、この経験を生かし、オンラインショップや経営に関するコンサルタントを行っております。



■オンラインショップの現実的な売上

 今年、IT系の会社に勤める友人が、私のショップの売上を見て、驚きました。
 「おまえの会社、ハッキリ言ってすごいよ。実際の店舗を持っていないオンラインショップでそんな売り上げを得られる会社なんて、そうそう無いよ。」

 実は私の会社は、人に自慢できるほどの月商はありません。アルバイト1人を雇って、やっと運営できる程度です。
 しかし、楽天市場に出店している多くのショップと比較すると、おそらく上位に食い込むでしょう。



■たくさん売るには「カンタン」では無理がある

 楽天を始めとする大手のオンラインショッピングモールでは、htmlをよく知らなくても、テンプレートに従ってショップを構築できるシステムを用意しています。しかし、良い商品を購入しようと考えている消費者が、あまりにも素人くさいホームページで購買意欲をそそられるかといえば、それは疑問です。ヴィトンのバッグを、怪しげなバラエティショップで買う気がしないのと同じです。


■小規模店だからこそできるオンラインショップを目指せ

 オンラインショップを運営する場合、楽天の出店料は年63万円。月給20万円のスタッフを1人雇うとして年240万円。ざっと計300万円の固定費を覚悟しなければなりません。これを楽天のスタッフに質問すれば、「年300万円のコストをペイできるかなんて考えないで、年1億円売れるようにしましょう」と言われるでしょう。しかし、オンラインショップで年商1億円を目指すなんてことは、なかなかできることではありません。


■大手モールは成熟商品を売るのに適している

 大手のオンラインショッピングモールは、ある程度、社会に認知された商品を販売するのに適しています。例えばワインやパソコン、有名ブランド商品です。
 逆に、どちらかといえばニッチと呼ばれる分野や独自性を打ち出した商品は大手のモールに出店しても、あまりメリットはありません。例えば松本商店の松本社長が精根込めて作り上げた高級バッグとか、北海道のある地方で取れる特別に美味しいジャガイモといったものです。
 大手モールは、たくさんあるショップで登録された商品を、トップページから検索することで特定のショップにたどり着きます。したがって、どんなに商品を登録しても、検索にヒットして選ばれなければ、お客様はショップにたどり着きません。


■小規模店舗がそこそこの利益を上げるには

 さすがに一口で詳細をお教えすることはできませんが、オンラインショップが「売上」ではなく「そこそこの利益」を上げる方法として、次の3つの方策が挙げられます。

(1)あなたのお店の商品を必要としている人が、あなたのショップにたどり着くこと
(2)あなたが適度にさばけるだけのお客様に、きちんと対応できること
(3)少ない従業員で、簡単に受注・発送をできること

 つまり、「必要とする人へのアプローチ」と「顧客満足度の拡充」そして「省力化と低コスト」なのです。この3つは、オンラインショップに限らず、路面店でも必要なことですから忘れないでください。失敗しないオンラインショップ運営は「とにかく頑張る」ではないのです。



※現在、多忙のため、無償の講演・原稿執筆依頼はお断りさせていただいております。連絡はこちらからどうぞ。


Copyright Trial.co.ltd
本ホームページの全てのコンテンツにつき、盗用・無断引用はお断りします。
無断使用の場合は著作権使用料を1ページ1日1万円と算定し、横浜地方裁判所を管轄として法的請求をいたします。


乳酸菌生産物質KS乳酸エキス、ビオネ